ビジネスマン

 

電話の受け答えは会社の業務では外せない必須業務です。

 

電話は顔が見えないため、

電話に出た人の対応如何で、

会社の印象が良くも悪くもなるものです。

 

正しい言葉使いは会社の品格をあげますが、

間違った言葉使いは会社の品格をさげてしまいます。

 

 

なので電話対応は、会社の顔を決めると肝に銘じて、

正しいビジネス用語を使いこなせるようになりましょう。

 

 

意外と当たり前に使っているけれど…間違っている?

間違いだらけのビジネス敬語

NG:とんでもございません

電話で相手に悪いことをした旨を伝えると

『とんでもございません!』という返事をもらうことがあります。

 

『とんでもございません』

一見間違っている言葉に聞こえませんよね。

 

ところがこれはNG。

間違った言葉使いになります。

 

正確には『とんでもないことでございます』これが正しいのです。

 

 

というのも実は

『とんでもない』という

文言自体が1つの言葉となっていて、

『ない』の部分だけ『ございます』には変換できないのです。

 

 

NG:お名前を頂戴します

『お名前を頂戴します』という言葉を使ったり

聞いたりしたことはありませんか?

 

実はこれもNGワードなんです。

 

名前は教えたり

知らせたりするものであって、

頂くものではありません。

 

なので、

『お名前をお知らせいただけますか?』

『お名前教えていただけますか?』

が、実は正しい使い方なのです。

 

NG:今、お時間よろしかったでしょうか

とても丁寧な言葉である印象を受けますが、

こちらも正しい言い方は少し違い、

『今、お時間頂いても宜しいでしょうか』

となります。

 

宜しかったでしょうか、

という言葉の方が丁寧な印象を受けそうですが

使うシーンとしては過去形ではなく、現在ですのでお気を付けください。

 

 

NG:本日は休みをいただいております

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これも実はNGワードです。

 

「いただく」という表現は

自社を持ち上げた表現にあたり、

先方より上目線な言葉なるので使わない方が無難です。

 

正しくは「本日は○○は休みをとっております」が正解です。

 

○○様でございますね

ございます、という言葉は丁寧語になりますが

相手ありきで名前の確認、復唱の際に使う場合には

尊敬語にあたる『○○様でいらっしゃいますね』が正しい表現となります。

 

 

謙遜した言葉のつもりが上から目線になる言葉

失敗してしまうビジネスマン

ご苦労様です

何年か前、私が勤めていた公共機関の

市民用の封筒に当たり前のように印刷されていた

『ご苦労様です』という言葉が『お疲れ様です』に印刷しなおされました。

 

 

それまでは、

私も目上の人にも関係なく

普通に『ご苦労様』ですと使っていたので、

それを『お疲れ様です』という言葉に変え、

使うのに慣れるのが大変だった記憶があります。

 

今ではたぶん『ご苦労様』という言葉を

一般で使うことは少なくなったとは思いますが…。

 

 

 

「ご苦労様」

実はこの言葉、大名言葉という上から目線の言葉になります。

 

 

了解です

そのほかにも、意外と普段上下関係なく

使ってしまいがちな大名言葉に「了解です」

『参考になりました』といった言葉があります。

 

しかし、目上の人との電話には

『かしこまりました』

『お勉強になりました』

などの言葉に変えるようにしましょう。

 

 

お判りいただけましたか?

また、お客様や取引先の方に何かの説明をしたさい、

わかっていただけたのか確認にするさいの言葉にも気を付けましょう。

 

『お判りいただけましたか?』という

言葉を耳にすることがありますが

この言葉は相手の能力を推し量る

大名言葉となり相手に失礼となってしまいます。

 

『説明不足の点はございませんでしょうか?』

といった形で確認するようにしましょう。

 

 

固すぎず砕け過ぎずが電話の基本

笑顔で電話

 

相手に対して、失礼のないように

敬語や謙譲語を使う事は、電話対応でとても大切なことですが

その時のシーンやあなたの環境を考えて使い分けをするようしましょう。

 

 

たとえば、『思います』の謙譲語は『存じます』となりますが、

電話の相手によっては、あえて「存じます」を使う事で、

どこか堅苦しい感じを相手にあたえてしまう場合もあります。

 

そこまで堅苦しい仕事内容ではない場合は

『思います』を使った方が、相手に伝わる印象がソフトになります。

 

 

経験を積んで慣れてきたらで構いませんので

電話の対応先の仕事内容や状況を把握したうえで

対応先に見合った電話対応を意識してみましょう。

 

 

 

 

こちらの記事でも電話対応において

よく使う言葉や間違っている文言をまとめていますので

ひな形を覚えておきたい方はチェックして下さいね。

やってしまいがちなNGワードと良い定番フレーズを紹介!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で