知っておきたいビジネスマナー「お茶の作法」正しい出し方や入れ方を覚えるのは必須!

 

新社会人の方にとって、

会社で必要とされるマナーは沢山ありますよね。

 

 

挨拶や電話対応、名刺交換と覚える事が山のようにあります。

 

 

しかし中でも来客へのお茶の出し方は、

これまで経験された方も少なく

どのように対応したらよいのか解らないものだったりします。

 

 

そこで今回は覚えておきたいビジネスマナーの一つでもある、

お茶の出し方や入れ方についてご紹介致します。

スポンサーリンク

お茶はビジネスシーンにとってどんな重要性がある?

ビジネスでのお茶の意味

 

 

そもそも、ビジネスシーンにおいて

お茶がどれ程重要な要素があるのか

解らない方が多いと思われます。

 

 

まず、お茶というのは会社に訪れた方への

「おもてなし」の意味が込められています。

 

 

食事何処やレストランを訪れると、

お茶や水が提供されますよね。

 

 

そんな時、店員さんの態度が悪いと

「こんな態度では料理も期待できない」

と感じてしまいますよね。

 

 

つまり、会社において来客に対して

お茶を出すという事は「会社全体の印象」となり、

仕事にも大きな影響となるのです。

 

 

その為、ビジネスマナーにおいて

「たかがお茶出し、されどお茶出し」

とも言える程重要な要素が含まれているのです。

 

 

お茶の入れ方

お茶のマナー

 

 

来客へのお茶出しがどれ程重要なのか解ったところで

本題に触れてみたいと思います。

 

まずはお茶の入れ方についてです。

 

 

1、茶碗が冷たいとお茶が冷めやすいので、温めておく事。

(冷たい飲み物の場合は不必要)

 

2、急須にお茶とお湯を入れ、1分程蒸らす。

(香りと味を最大限に引き出す為)

 

3、来客が複数いる場合には、お茶の濃さを均等にする為、

少しずつバランスよく入れていく。

 

4、茶碗にお茶を注ぐ量は7分目位。

(多すぎると零してヤケドの危険性がある為)

 

5、お茶は手で運ばずお盆に乗せて運ぶ。

 

スポンサーリンク

お茶の出し方

 

来客に対してお茶を出す時の作法が最も大切な要素となります。

ここで会社の善し悪しが評価されてきます。

 

 

1、軽くドアをノックし、

「失礼致します」と大き過ぎない声で入る。

(商談中となる事もあり、大きな声は邪魔になる恐れもある)

 

2、自社の人間よりも来客者に対して先にお茶を出す。

 

3、お茶を出す時は来客者の右側から両手を添えて出す。

 

4、軽く「どうぞ」と声掛けを行う。

(商談中の場合には会釈だけでも良い)

 

 

 

この時のポイントやコツとして、

基本的にはお客様の右側からお茶を出すのがマナーとなっていますが、

右側に大事な書類がある場合や右側が狭い場合には左側から出しても良い。

 

 

 

また、既に商談中の場合にはお客様の目の前にお茶をださない方が良い場合もあります。

 

というのも、

商談によるジェスチャー等にて

お茶を零してしまう危険性があるからです。

 

この辺りは正しい答えというのは無く、臨機応変にしていくしかありません。

 

 

おかわりはどのタイミングが良い?

 

無事、来客者へお茶を出す事ができたからと言って一安心してはいけません。

 

商談等、重要な話し合いの場合には

長い時間滞在される事も少なくありません。

 

 

そうなると重要となるのが

「お茶のおかわりのタイミング」ですよね。

 

 

1杯目のお茶は来客に合わせ、

素早く行わなければなりませんが、

2杯目のおかわりはタイミングが大切です。

 

 

基本的には2杯目のおかわりは

【1杯目のお茶から30分後~1時間後】

くらいです。

 

 

 

意外とおかわりを出すタイミングってなかなか難しいです。

 

 

30分経ったからおかわりを出そうとした時に帰られてしまう場合もありますし、

30分後におかわりを出しても2時間来社されていた何て事もあります。

 

 

 

ただ、この場合でも

初めて来社された方はどのくらい

滞在されるのかは把握できないので仕方がありません。

 

 

 

ちなみに常連となっているクライアントさんであれば、

どのくらい滞在されるのかも解ってくると思いますので

おかわりを出すタイミングも次第に解るようになってきます。

 

 

 

このおかわりを出すタイミングをしっかりと把握する事は、

来社された方にとっても「自分の事を理解してくれている会社なんだな」と感じ、

仕事が円滑に進む事も多くあります。

 

 

来客者へのお茶出しは会社の顔でもあり、

仕事上においても今後を左右する重要な要素となるのです。

 

 

 

新社会人の方は勿論、お茶を出す機会がほとんどないベテラン社員においても、

お茶を出し方は社会人にとって重要なビジネスマナーとなります。

 

 

今一度、お茶の入れ方や出し方を再確認し、

来客された方へのもてなしを忘れない事が大切となりますね。

 

スポンサーリンク