ビジネスメールで気を付けなければならない締めの言葉(挨拶)の書き方とは?相手を好印象を与えるビジネスマナー!

 

社内の同僚や上司だけでなく、

社外のクライアントや関係者にも

ビジネスメールを送る機会って多いですよね。

 

 

電話ではすぐに伝える事ができなくても、

メールであればちょっとした時間でも

確認できるとあり、多くのメリットがあります。

 

 

 

さて、ビジネスメールを活用する時には

本文だけでなく「締めの言葉」も重要となってきます。

 

 

なぜなら締めの挨拶一つで、

メールを送った相手に対しての印象も

大きく変化してしまうからです。

 

 

そこで、今回は普段

何気なく活用されている方も多い

「締めの言葉」についてご紹介致します。

 

 

 

ビジネスメールの締めの言葉の重要性とは?

ビジネスメール ポイント

 

 

普段からビジネスメールを頻繁に

活用されている方も多くいらっしゃいますが、

 

新入社員にとってはビジネスメールが

どれ程の重要性があるのか

イマイチ解らない方も多いはず。

 

 

 

ビジネスメールは本来であれば

伝えたい事や伺いたい事を

メールで送るという単純な事です。

 

 

しかし、ビジネスメールは単に伝えたい事や

伺いたい事だけを記載してはいけません。

 

 

 

まず、いきなり本文を書き出してはビックリさせてしまいますし、

本文だけで終了しては「思いやり」が込められていないので、

今後のビジネスに大きな影響をあたえてしまいます。

 

 

 

特に、締めの言葉は相手へのお願いだけでなく、

今後も共にお仕事したいという気持ちの表れともなります。

 

 

 

 

また、メールの内容が簡単に取り組めない場合や

相手にとっては困難となる案件の場合もあります。

 

 

そんな時こそ、

締めの挨拶をしっかりと記載するだけで

相手も不快な印象も感じず受けて頂ける事も多くあります。

 

 

 

つまり、締めの挨拶は日頃、

お世話になってる方や関係のある方に嫌な思いをさせず、

物事をお願いしたり伝える為の重要な言葉となるのです。

 

 

ビジネスメールの締めで使われる言葉とは?

ビジネスメールの重要性を

ここまでお話しさせていただきましたが…

 

「活用してみよう」と言われても

どのような言葉を活用すれば

良いのか悩んでしまいますよね。

 

 

そこで、多くのシーンで活用される締めの言葉の例をご紹介します。

 

 

今後もお付き合いしたいと感じさせる言葉

・今後とも宜しく御願いいたします。

・今後も何卒宜しくお願いたします。

・今後も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

 

お詫びを感じさせる言葉

・何卒、ご了承の上宜しくお願い申し上げます。

・御容認の上、ご理解頂ければ助かります。

 

返信を求める言葉

・お忙しい所、申し訳ございませんが、ご返信の方よろしくお願い申し上げます。

・御多忙中の所、大変申し訳ございませんが、お手すきの際にご連絡を頂ければ幸いです。

 

 

また、締めの挨拶には春夏秋冬の時期に合わせた言葉もあります。

 

春頃

・体調を崩しやすい季節ともなっておりますので、お体に気を付けてお過ごしください。

 

春は新年度を迎えたり、大きな季節の変わり目ともなります。

そんな春頃に活用できる締めの言葉です。

 

夏頃

・暑さが厳しい時期が続きますが、体調を崩されないようお気をつけください。

 

夏は暑さが厳しい時期ともなり、

体調を気に掛ける言葉がお勧めとなりますね。

 

秋頃

・寒暖差が激しい日々が続きますが、体調を崩さぬようお過ごしください。

 

秋は寒暖差が激しい時期ともなっており、

相手を気遣う言葉がピッタリです。

 

 

冬頃

・本年は大お世話になりました。

来年度も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

冬ともなれば年末を始め、

1年の締め括りの時期ともなりますので、

1年の感謝を込めた言葉が良いですね。

 

 

 

誤解されやすい締めの言葉とは?

ダメなビジネスメールの締め

 

 

締めの言葉は相手に対する誠意や感謝、

さらには季節を示す言葉とさまざまあります。

 

 

しかし、何気なく活用している言葉であっても

誤解されやすい言葉や活用方法を誤ってしまう言葉が多くあります。

 

 

「お体をご自愛ください」

相手の体調の変化を気に掛けた言葉となっており、

多くの方が活用されていると思われます。

 

 

しかし「お体をご自愛ください」では二重表現となってしまいます。

 

 

「ご自愛ください=お体にお気を付けください」

という意味があるので「お体に」という言葉は必要ありません。

 

「よろしくお願い致します。」

社内のビジネスメールだけでなく、

他社の方への締めの言葉として

頻繁に活用される言葉です。

 

 

しかし「よろしくお願い致します」の

一体何が不適切なのか解らない方も多いですよね。

 

 

ここで重要なのが「致します」です。

 

 

「致します」を漢字で記載すると

「良くない事が起こる」という意味が含まれています。

 

 

その為、相手に不運を齎せたり

不快な思いをさせない為にも

「よろしくお願いいたします」と

平仮名で送る事が重要となります。

 

「ご査収のほど、よろしくお願いいたします。」

難しい案件や相手にとって困難となる場合に

活用される事も多い言葉ですよね。

 

 

しかし「ご査収」という言葉や

考えて欲しい案件を一緒に添付したり

伝えた上で使用する言葉となっています。

 

 

その為、何も資料も添付しなかったり、

判断材料を与えてもいない場合に

活用する方も多くいらっしゃいますが、

間違って活用しないように注意が必要となります。

 

 

まとめ

ビジネスメールにおいて締めの言葉は

とても重要な意味合いを含んでいるのです。

 

 

ただ活用する場合には誤った活用が行われていないのか、

再確認すると送った相手に対して不快な思いを

感じさせない事にも繋がります。