【ビジネスマナー】お忙しいところ恐れ入りますがは失礼だった…?正しい使い方とその考え方とは。

 

社会人になると1度は使う

『お忙しいところ恐れ入りますが…』という表現。

 

 

正しい使い方をご存知でしょうか?

 

 

今回は『お忙しいところ恐れ入りますが』を使う場面や

正しい使い方についてご紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

『お忙しいところ恐れ入りますが』を使う場面や意味は?

 

依頼するとき

ビジネスだけでなく何かお願い事をしたいときに、

『〇〇してください』と直接伝えると場合によって

悪印象を与えてしまいます。

 

 

そんなときにこの『お忙しいところ恐れ入りますが』

というフレーズをクッション言葉として使うことで、

柔らかい印象になります。

 

 

始めにこのフレーズを使うことで、

相手の都合やタイミングに合わせるという意味にも。

 

 

相手を気遣いつつも自分が謙虚な姿勢であることを

伝えられるため、特に目上の方に対して多く使われます

 

 

この言葉を使って依頼することで、依頼された相手が

そこまで負担を感じないというメリットもありますね。

 

感謝の気持ちを伝えるとき

こちらが依頼したことを貴重な時間を割いて

相手が行ってくれたということで、

感謝の気持ちを伝えるときにも多く使われます。

 

 

感謝の気持ちを伝える場合は

お忙しいところありがとうございました

という表現になります。

 

 

『恐縮ですが』や『恐れ入りますが』の意味は?

 

この2つのフレーズは

『お忙しいところ恐れ入りますが』

という意味とほぼ同じで、相手を敬いつつも

謝罪の意味を込め自分をへりくだって使われています。

 

 

使い方もほぼ同じで

 

「恐れ入りますが、こちらにご記帳いただけますでしょうか。」

 

といったようなフレーズになります。

 

 

クッション言葉にもなるため、より丁寧に依頼したい時は

積極的に使用したいものですね。

 

 

『お忙しいところ恐れ入りますが』の使い方の注意点

 

『お忙しいところ恐れ入りますが』というフレーズは

電話や対面ではよく使われますが、

ビジネスメールでは極力使用しないといったマナーがあります。

 

 

これは『忙』という文字の意味が関係しているから。

 

 

『亡くなる』という文字が含まれる忌み言葉と呼ばれ、

心を亡くすと書くため縁起が悪いと考えられています。

 

 

しかし、最近では仕事が順調に進んでいるからこそ

忙しいといった良い意味としても考えられるように

なってきました。

 

 

とはいえ、文章としてメールで使用するのには

気がひけますね。

 

 

そんな場合は同じ意味でもある

『ご多用』というフレーズに置き換えましょう。

 

 

小さなことですが配慮をすることで、相手はもちろん

自分も気分よく仕事を進めることができますね。

 

 

シチュエーション別に文例をご紹介

 

ここからはシチュエーション別に文例をご紹介していきます。

 

メールの場合

例)ご多用の中、ご返信いただき誠にありがとうございます。

ご多用中、大変恐縮ではございますが、、、。

 

上記でも触れましたが、

メールでは『お忙しいところ恐れ入りますが』という

表現以外にご多用というフレーズを使う場合もあります。

 

 

メールは会話と異なり、

一度に多くの情報を相手に伝えようとしてしまいます。

 

 

このとき

 

『お忙しいところ恐れ入りますが、お早めのご返信をいただけますでしょうか』

 

と自分の都合に合わせるようなフレーズを書くのは

マナー違反となります

 

 

相手を気遣うといった意味で使用しているのを忘れないようにしましょうね。

 

電話の場合

電話で使う場合は

 

『お忙しいところ恐れ入ります。

 〇〇の件でお電話させていただいた◎◎社の〇〇と申します。』

 

一番始めに自分の名前と用件を伝えることがポイントです。

 

 

このあとに

 

今お時間よろしいでしょうか?

 

と相手を気遣うフレーズを言うと、

グッと好印象になりその後の会話もスムーズになりますよ。

 

 

対面では?

『お忙しいところ恐れ入ります』は対面でも

取引先やお客様に対して、使う機会が多いフレーズ。

 

 

相手を気遣う意味は込められているため、

取引先やお客様だけでなく社内の人に対しても

使いたいものです。

 

 

社内の人に対して使う場合も何かを依頼するときに

使うのがおすすめです。

 

 

仕事をしていて先輩に質問したいときも

『お忙しいところ恐れ入りますが…』

とクッション言葉を使うことで

声をかけられた先輩も手を止めやすく、

気遣いができる人とあなたへの印象もアップします。

 

 

同じ質問をするにしても始めに一言あるかないかで

印象も大分変ってきますね。

 

 

まとめ

『お忙しいところ恐れいります』というフレーズは、

相手を気遣う意味があり何か依頼したいことがあるときや

感謝の気持ちを伝えたいときに多く使われています。

 

 

ビジネスにおいてはクッション言葉としても使われており、

使うことで好印象を与えるため

その後の商談を進めやすくなるというメリットもありますね。

 

 

相手や自分の状況に合わせて使っていくことで、

今までよりも円滑なコミュニケーションを

築くことができます。

 

 

社会人のビジネスマナーの1つとしてぜひ、

覚えておきましょうね。

スポンサーリンク