社会人なら必ず知っておきたい名刺交換のビジネスマナーとは?知らなきゃマズイですよ!

 

社会人の常識ともいえるビジネスマナーが名刺交換。

 

 

正しい名刺交換は新しいビジネスチャンスにつながるため、

ぜひとも習得しておきたいところです。

 

 

今回は名刺交換のマナーをパターン別にご紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

ビジネスにおける名刺交換の役割とは

 

名刺交換はビジネスにおいて欠かすことのできないもので、

相手に自分の顔を覚えてもらうための大切なアイテムです。

 

 

名刺交換をすることで相手との付き合いが始まるとともに、

ビジネスマナーを知っているかどうか判断される行動でもあります。

 

 

相手から信用され、ビジネスチャンスを手に入れるためにも

しっかりと名刺交換のマナーやルールを知っておきたいものですね。

 

 

名刺交換の基本的なマナーと渡し方

 

 

それでは名刺交換の基本的なマナーと渡し方を詳しく見ていきましょう。

 

 

名刺交換の基本的な方法

  1. 名刺交換を行う人数分の名刺を向きをそろえて用意しておく。
  2. 相手に渡しやすい距離感とり、必ず立って渡す。渡すときは『株式会社〇〇、〇〇部の●●と申します』と会社名と肩書、氏名を略さずにハッキリと伝えるのがポイント。通常は訪問者から名乗ります。
  3. 相手の名刺は両手で受け取る。もらうときは『頂戴いたします』と言い、名刺を受け取ったあとは自分の胸より下におろさないようにすると、好印象を与えますよ。

 

名刺交換で相手も名刺を出している場合、

自分の名刺は相手よりも低い位置に差し出しましょう。

 

 

名刺を忘れてしまったときは・・

 

名刺交換の場において、名刺を忘れたということはマナー違反になります。

 

 

『名刺を忘れた』と言ってしまうと先方に、

仕事ができない人という印象を与えてしまいます。

 

 

名刺を持っていない場合は

申し訳ございません、あいにく名刺をきらしておりまして…』と謝罪し、

口頭で社名・肩書・名前をハッキリと伝えます。

 

 

会社に戻ったらすぐにお詫びの手紙と名刺を一緒に、

先方に送るのを忘れないようにしましょうね。

 

 

名刺交換で意識したいこと

 

名刺交換は前述したとおり、ビジネスシーンにおいて重要な場面です。

 

以下のこともぜひ意識しておきましょうね。

 

渡す前に自分の名刺を確認しておく

 

名刺交換を行う前はあらかじめ、

自分の名刺に汚れや折り目がついていないかをしっかりと確認しておきましょう。

 

 

自分の氏名が難読の方は、名刺の作成時に

あらかじめ読み仮名を入れておくと親切ですね。

 

 

また、名刺交換のときにもたつかないように

取り出しやすいようにセットしておくことも大切です。

 

 

名刺の向きに注意

 

名刺交換をするときは自分の名刺の正面を相手にきちんと向け

必ず両手で渡します。

 

 

このとき指で、名刺の文字を隠さないようにすることがポイントです。

 

 

相手が先に名刺を渡してきたときは

必ず『申し遅れました、わたくし株式会社〇〇の…』と

謙虚な姿勢を示しましょう。

 

 

間違ってもポケットやお財布から名刺を出すということは避けましょう。

 

 

名刺交換のときに軽く微笑みながら、

相手が聞き取りやすくハッキリ話すと

『仕事ができる人』というイメージを与えることができるでしょう。

 

 

名刺入れにも気をかけて

 

意外に見落としがちなのが名刺入れです。

 

 

ビジネスシーンで有効に使えるように

 

・落ち着いた色合いでマチがしっかりしている

・自分と相手の名刺を分けて収納できる

・装飾が少ないフォーマルのもの

 

これらを意識して用意したいものです。

 

 

 

また、周りと一歩差をつけるためにぜひとも覚えておきたいのが、

名刺交換の際の名刺入れの向き。

 

 

横向きの名刺の場合は名刺入れの輪が相手側に、

縦向きの名刺の場合は

名刺入れの輪が自分の右手へくるようにするとワンランク上に。

 

 

知る人が見ればかなりの好印象になりますね。

 

 

ほかにも名刺入れに香りをつけておくと、

名刺にもほのかに香りが付き相手により印象をアピールできるので

余裕があるかたは実践してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

名刺交換をパターン別にご紹介

 

 

それでは様々な名刺交換のパターンについて、ご紹介していきます。

 

 

複数で名刺交換をする場合

 

~ダメな場合~

目下からだと思い、上司よりも先に名刺交換をしてしまうことです。

 

 

~正解~

訪問先と自社にそれぞれ上司がいる場合の名刺交換の順番は

 

①自社の上司と訪問先の上司

②自社の上司と訪問先の担当者

③自分と訪問先の上司

④自分と訪問先の担当者

 

ちなみに、自社の上司が訪問先の担当者と名刺交換をしている間に、

自分が訪問先の上司と名刺交換をしても大丈夫ですよ。

 

 

自分の名刺が縦の場合

 

~ダメな場合~

相手に合わせて横向きで名刺交換をする。

 

 

~正解~

名刺交換は相手に正面で渡すのが基本のマナーです。

 

自分の名刺が縦の場合は、相手が見やすいよう縦にして渡しましょう。

 

 

テーブル越しに名刺交換する場合

 

~ダメな場合~

そのままテーブル越しで名刺交換をしてしまう。

 

 

~正解~

テーブル越しに名刺交換をするのはマナー違反です。

 

名刺交換を行うときは必ず、

テーブルを避け相手との間に何もない状態で行いましょう。

 

 

どうしてもテーブル越しになってしまう場合は、

必ず一言断りをいれることを忘れないでくださいね。

 

 

海外で名刺交換をする場合

 

~ダメな場合~

日本と同じようにすぐに名刺交換をする。

 

 

~正解~

海外では日本のように

いきなり名刺交換を行うのはマナー違反と考えられています。

 

 

名刺交換の前にまずは握手を。

 

 

握手をするときはやる気をアピールするために、

がっしりと相手の手を握り目をそらさないことがポイントですよ。

 

 

相手から名刺を受け取ったときの対応

 

 

名刺交換は自分が名刺を渡すだけでなく、

相手から名刺を受け取ったときの対応も重要です。

 

 

最低でも以下のことは押さえておきましょうね。

 

必ず両手で名刺を受け取る

 

相手から名刺を受け取るときは『頂戴いたします』と一言添え、

必ず両手で受け取ります

 

 

受け取った際に相手の名前が難読の場合は、

その場で確認しておくとその後スムーズですね。

 

 

受け取るときは相手の名刺の社名やロゴに指が触れないよう、意識しましょう。

 

 

また、同時に相手が名刺を出し自分より目上の立場だった場合は、

相手より先に名刺を受け取らないことも大切ですよ。

 

 

相手に合わせて名刺をしまう

 

受け取った名刺は名刺入れの上に乗せて、自分の左側に置いておきます。

 

 

基本的に商談中は名刺はしまわずに、

しまうときは相手や目上の人のタイミングに合わせましょう。

 

 

テーブルに置いておくことで商談中、

万が一相手の名前を忘れてしまってもすぐに確認することができるので安心ですね。

 

 

まとめ

 

名刺交換は社会人にとって大切なビジネスマナーの1つです。

 

 

受け取るときと渡すとき、それぞれの注意点を守ることで

相手から『信用できる』と思われ、ビジネスチャンスを広げていくことができます。

 

 

名刺交換のマナーは多くあるので、しっかりと覚えておきたいものですね。

スポンサーリンク