【会食・食事】相手に喜ばれる接待マナーの基本とは?心構えと抑えるべきポイントを解説!

 

社会人になると取引先の方と親睦を深めるための、

接待が非常に重要になってきます。

 

 

接待と聞くと、『会社のお金でお酒を飲む場』というイメージを

持っている方もいるかもしれませんが、接待も社会人にとって仕事の1つです。

 

 

今回は接待の基本的なマナーについてご紹介していきます。

ビジネスチャンスの1つとして、ぜひポイントを知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

接待の意味や重要性は?

接待

 

接待は普段会わない相手と親睦を深め、

今後の仕事を円滑に進めるために非常に大切なものです。

 

 

自分1人だけが相手を接待すれば良いというものではなく、

自分が会社の代表として相手を接待するという意識を持つことが重要です。

 

 

自分が失礼な振る舞いをすることで会社に損害を与えてしまう

可能性があるということを覚えておきましょう。

 

 

接待は目的によって内容が異なります

 

 

例えば

 

  • 親睦を深めたい場合…食事やゴルフ、相手によっては麻雀を行いながら人脈を広げていく。
  • 御礼や謝罪目的…難しい商談が無事まとまった御礼や、仕事面で先方に迷惑をかけてしまった場合。
  • 仕事成功が目的…商談を成功させたいときに行うのが一般的です。大きい契約のときは高級料亭を場所に選ぶ場合もありますね。

 

このように、接待は目的によって様々な形式があります。

 

 

では、接待を行うメリットはどんなものがあるのでしょうか?

 

接待を行うメリット

接待を行う最大のメリットは、

接待をする相手と良好な人間関係を築くことができる』ということです。

 

 

仕事とはまた違った面をお互いみることができ、

信頼関係を深めることができますね。

 

 

また、相手との話が盛り上がり職場では聞くことができない興味深い話や

自分の今後の人生にとって役立つような話を聞くこともできるでしょう。

 

 

上記以外にも、接待では相手のことを常に気遣いながら行動をします。

 

 

相手の立場に立って行動することで脳が活性化するとも言われています。

自分のためにも、接待を楽しんで行っていきたいものですね。

 

 

接待をするときの心構えや注意点は?

個室

 

接待を成功させるためには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

 

相手の好みをリサーチし、料理や店を選ぶ

 

相手にいかに喜んでもらうかということが、接待の基本です。

和食・洋食どちらが好みなのかを知り、料理や店を選びましょう。

 

 

お店選びのポイント

 

  • 個室がありじっくりとお互いの話ができる店
  • 相手の表情をよく観察できるように照明が明るい店
  • 経費の範囲内で使えるかどうか

 

ということです。

 

 

また、接待の場において先方にメニュー表を見せるのは避けましょう

 

 

気を使わせないためにもあらかじめコース料理を注文しておき、

追加の注文時に先方におすすめの料理を勧めるというのも良いですね。

 

 

店を決めたら、必ず1度は食事をしておく

 

接待において自分たちが選んだお店は、

自分たちの会社と同じであるという認識を持ちましょう。

 

 

そのため、お店を選んだときは必ず接待前に

自分で食事をしておくことをおすすめします。

 

 

実際に自分の舌で料理を味わい確認しておきましょう。

 

実際に同じ料理を食べることで当日、

食べ方が分からないというトラブル防止にもつながりますね。

 

 

このほかに確認しておきたいこととして

 

  • 店員の接客態度
  • 店内の客層や隣の席との距離
  • 化粧室の様子や照明・BGM
  • 料理や飲み物の種類や提供までの時間
  • 当日料理長が席まで挨拶に来てくれるか

 

といったことです。

 

 

また、万が一当日雨が降った場合も考えて

傘の貸し出しがあるかどうかまで確認しておくと安心できますね。

 

 

二次会や手土産の確認

接待相手の方はこちらの都合で時間を借りています。

 

自宅にはご家族が待っている可能性が高いため、

ご家族のことも配慮してぜひとも手土産の用意をしておきたいものですね。

 

 

二次会については自分が乗り気でも相手や上司の都合があります。

 

二次会をセッティングするときは必ず、

上司に相談してから行うことが大切です。

 

スポンサーリンク

お迎えからお見送りまでホスト役に徹する

接待では徹底的にホスト役に徹するようにしましょう。

 

相手が先に到着しているという事態は絶対に避けたいため、

最低でも15分前には会場に待機していましょう。

 

 

先方がいつも時間より少し早めに到着するのであれば、

30分ほど前に到着していると安心ですね。

 

 

お見送りをスムーズに行うためにも、相手がどこに住んでいるのか

という情報を聞いておくことも忘れてはいけません。

 

 

遅くとも余裕をもって終電に乗れるように

接待を切り上げるのが礼儀です。

 

 

当日の相手の体調や立場によっては

タクシーを手配した方がスマートな場合もあります。

 

 

状況に合わせて臨機応変に対応していきましょうね。

 

 

お酒を飲みすぎない

接待は単なる飲み会ではなく、あくまでも仕事の1つです。

 

そのため、お酒を飲みすぎて粗相をしてしまうということは

職場でお酒を飲みすぎるということになります。

 

 

接待はあくまでも、相手に喜んでもらうために自分たちがもてなす側です。

 

飲みすぎには十分に注意しましょう。

 

 

相手のお酒のグラスが空になっているかの気遣いは大切ですが、

決して強要はせず相手のペースの合わせるようにしていきましょうね。

 

 

接待では会話も大切

いくら料理や会場が最高の状態だとしても、

会話が盛り上がらないと相手を楽しませることはできません。

 

 

接待は最低でも2~3時間ほどの時間を相手と過ごしますが、

相手と自分の会社の規模や商談や契約の話をするかどうかでも

また変わってきます。

 

 

接待中に会話が途切れた場合

気候・洋服・料理・好きな食べ物や飲み物・趣味や出身地

といった話題でお互いが打ち解ける内容を話すと、

自然に話が盛り上がるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

接待で押さえておきたいポイントについてご紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

 

接待の場では自分が日頃から行っている振る舞いが

無意識に出てしまいます。

 

 

ビジネスを有利に進めていくためにも、

日頃から謙虚な姿勢と思いやりの心を持って

周りの人と接していきたいものですね。

 

スポンサーリンク