【ビジネスマナー】間違えのない履歴書の学歴、職歴欄の書き方とは?

 

履歴書は人事担当者に自分をアピールするための、大切なアイテムです。

今回は、履歴書の学歴・職歴の書き方についてご紹介していきます。

 

 

基本を抑え、人事の目に留まるような履歴書にしていきましょう。

 

履歴書の職歴・学歴欄の基本的な書き方

履歴書

 

基本的な書き方や注意点について、順番に見ていきましょう。

 

学歴

  • 西暦か元号(平成・昭和)、どちらかで統一して記入する
  • 義務教育は記入せずに、高校や専門学校から記入する
  • 卒論や研究テーマ・専攻が応募する企業の職種や業種に関係する場合、アピールになるので必ず記入する
  • 学校名は『高校』といったように略さずに、『高等学校』と正式名称で記入

 

 

 

職歴

  • 会社名は略さずに正式名称で記入し、横か次の行に従業員数と業種、簡単な業務内容も記入
  • 部署異動している場合は、異動年月日と部署名も忘れずに
  • 応募する会社に関係している職務内容がある場合は、強調して記入
  • 現在就業中で退職日が決まっている場合は、その旨を記入
  • アルバイトは職歴に含まれないため、新入社員の場合は『なし』と記入

 

 

 

注意点や抑えるべきポイントは?

 

手書きがパソコンで作成するかを確認しておく

最近では、手書きよりもパソコンで作成する履歴書が一般的になってきています。

 

しかし、応募する企業によっては手書きの履歴書にこだわっている会社もあるため、

事前にリサーチしておきましょう。

 

 

パソコンで履歴書を作成する場合は、市販されているものと

フォーマットが大きく異なると記入したくない項目を削除しているのではないか、

と人事担当に思われる可能性もあるため十分注意しましょうね。

 

 

黒のボールペンか万年筆を使用

履歴書はすぐ消せるような、シャープペンシルや鉛筆での記入はNGです。

 

必ず黒のボールペンか万年筆を使用し、

丁寧に楷書体で記入するよう心がけましょう。

 

 

修正テープや修正液を使用しない

履歴書を記入していて間違えてしまったからといって、

修正テープや修正液を使用するのは控えましょう。

 

 

間違えたときは、もう一度始めから書き直すのが基本です。

 

間違えやすいという場合は、始めからボールペンを使わずに

鉛筆で薄く下書きしてからボールペンで記入すると良いでしょう。

 

 

清書後、少し時間をおいてから丁寧に消しゴムで消すと、

鉛筆の跡がキレイに消えますよ。

 

 

人事が注目する履歴書のポイントは?

履歴書

 

では人事担当者は、履歴書のどの部分に注目しているのでしょうか?

 

全体的に丁寧に記入されているか

大手企業や老舗メーカーになればなるほど、

履歴書は細部までしっかりとチェックされます。

 

 

時間がないからと走り書きせずに、楷書体で丁寧に記入していくことが大切です。

 

履歴書の貼る写真にも気を使いましょう。

 

身だしなみをきちんと整えた写真を貼り、

全体を丁寧に仕上げていくことが大切ですよ。

 

 

経歴と志望動機がマッチしているか

人事担当者は履歴書を見て、

即戦力になるか・会社に定着してくれるかを見ています。

 

 

どんなに経歴が素晴らしくても、

応募する企業の考え方や風土に適していないと意味がありません。

 

 

志望動機も『貴社に魅力を感じた』といったような

どの企業でも通じるようなものでは、人事担当の目には留まりません。

 

自分が志望する企業でなければならない理由を記入することがポイントです。

 

  • 企業ホームページや説明会に参加して感じたこと
  • 企業の商品・サービスを実際に利用して感じたこと
  • OBやOG訪問のエピソード

 

といったことを用いて、自分と企業のつながりを志望動機にしていきましょう。

 

 

職務経歴書は内容とレイアウトが重視される

キャリア採用になればなるほど、職務経歴書の内容が重視されてきます。

 

若手採用の場合書類選考で落とされることは少ないですが、

キャリアの場合は職務経歴書のレイアウトも重要です。

 

 

転職回数や退職時に円満に進んだかで、定着率が判断されます。

 

 

退職の理由

 

  • 自己都合…一身上の都合により退職
  • 会社倒産やリストラ…会社都合により退職
  • 契約、派遣期間満了…契約期間満了のため退職

 

と記入方法が異なるため、覚えておきましょう。

 

 

 

また、前職退職後次の就職まで諸事情でブランクがある場合は、

再就職に向けてスキルアップで何を行ったかということを

1~2行でまとめて記載すると、人事担当者も分かりやすくなりますね。

 

 

正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト別での見本例とポイントを解説

履歴書

 

ここからは雇用形態別の履歴書の見本と、ポイントについてご紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

正社員

平成〇年〇月 株式会社○○(〇〇業)入社

埼玉営業所 営業部第2課(法人営業)に配属

現在に至る

 

相手に分かりやすいよう社名の横に業種を記入しておくと、

相手の調べる手間が省けますね。

 

 

部署異動や雇用形態の変更があり、

職歴欄に余裕があればその旨も記載しておきましょう。

 

 

従業員数や仕事内容といった詳細情報は、職務経歴書に記入を。

 

履歴書では相手が読みやすいように意識して記入するのがポイントです。

 

 

 

契約社員

 

平成〇年〇月 株式会社〇〇入社(派遣社員)

貿易事務作業に従事

 

履歴書の職歴欄は、基本的に正社員を基準としています。

 

 

契約社員は勤務形態がフルタイムと正社員に近くなりますが、

立場や責任の重さが正社員とは異なるため必ず契約社員で入社と記入しましょう。

 

 

契約社員で一定期間働き、その後正社員として登用された場合は

自己PRにつながるので、忘れずに記載してくださいね。

 

 

派遣社員

派遣社員も契約社員同様、勤務形態の記載が必要です。

 

派遣会社が複数ある場合

平成〇年〇月 株式会社〇〇スタッフに派遣登録(派遣先:株式会社A、株式会社B)

平成〇年〇月 契約期間満了のため退職

平成〇年〇月 〇〇スタッフィング株式会社にて派遣登録(派遣先:C株式会社、有限会社D)

平成〇年〇月 派遣期間満了のため退職

平成〇年〇月 株式会社△△にて派遣登録(派遣先:株式会社E)

平成〇年〇月 派遣期間満了のため退職

現在に至る

 

 

派遣会社は少ないが派遣先が複数ある場合

平成〇年〇月 株式会社○○スタッフに派遣登録

平成〇年〇月 ○○商業株式会社に営業事務として就業(平成〇年〇月まで)

平成〇年〇月 △△テクノロジー株式会社に秘書として就業(平成〇年〇月まで)

平成〇年〇月 ▼▼不動産株式会社に一般事務として就業(平成〇年〇月まで)

平成〇年〇月 派遣期間満了のため退職

平成〇年〇月 〇◆にて派遣スタッフとして登録

平成〇年〇月 株式会社◇◇マーケティングに一般事務として就業

現在に至る

 

派遣先が思い出せないほど変わっている場合は、職歴欄に記入が難しくなります。

 

その場合は登録してある派遣会社での勤務開始日と退職日を記載し、

業務の詳細は職務経歴書に記載するようにしましょう。

 

 

パート・アルバイト

平成〇年〇月 株式会社〇〇プロダクション入社(アルバイト)

編集アシスタントとして記事執筆、写真撮影に従事

平成〇年〇月 一身上の都合により退職

現在に至る

 

正社員として転職を希望している場合は、

基本的にアルバイト・パートの職歴は記入しません

 

 

しかし、記入しないと職歴が寂しくなってしまうのであれば、

自信をもって記載しましょう。

 

 

アルバイト歴があまりにも多数ある場合は、

応募職種に関連するもの・3ヶ月以上勤務したものだけの記入を。

 

 

特にアルバイト・パート先で社会保険に加入していた場合、

加入履歴を会社が把握するためにも必ず記載しましょう。

 

 

『アルバイト歴が長い』と心配して記入をしない方もいますが、

入社後履歴書に記載がなかった加入実績があると、

経歴詐称を疑われる可能性もあるので

基本的に正直に記載するのがポイントですよ。

 

 

まとめ

 

 

人事担当が履歴書の中で最も注目するのが、職歴です。

職務経歴書を相違がないか見比べていくため、

 

  • どのような会社で
  • どれくらいの期間
  • どのような業務を担当してきたか

 

ということを正確に記入する必要があります。

 

 

ワーキングホリデーや留学、資格習得などが理由で職歴にブランクがある場合は、

その旨も記載しておくと印象が良くなりますよ。