貴社と御社の違いと正しい使い方とは?具体例で分かりやすく解説!

 

自分の会社を指す言葉として、『弊社・当社』以外に『貴社・御社』という言葉があります。

この2つの言葉は社会人としてはもちろん、就職活動でも多く出てくる言葉ですね。

 

 

今回は、貴社と御社の違いについてご紹介していきます。

違いを知り、場面に合わせて使い分けていきましょう。

 

スポンサーリンク

貴社と御社の違いって?

比較

 

 

貴社と御社は、どちらも社外の方に対して相手の会社を示す言葉です。

では、それぞれの言葉にはどのような違いや意味があるのでしょう?

 

 

貴社とは?

 

『貴社』は相手の会社を指し示す敬語で、一般的に書き言葉として使われています。

 

これは『貴社』には『帰社・記者・汽車』といったように、

同音異義語が多く会話で使用すると紛らわしいためです。

 

 

相手が分かりやすいように、メールや履歴書・エントリーシートといった

書類の作成には『貴社』を使用するようにしましょう。

 

 

御社とは?

 

反対に『御社』は、話言葉として取引先の相手や電話応対に一般的に使われています。

 

ビジネスシーンで日常的に使われる言葉ですが、

あまりにも多用しすぎると相手に悪印象を与えることもあるため、十分注意しましょうね。

 

 

間違った使いかたは?

 

上記で説明したように、『御社』は話し言葉で使われるのが一般的ですが、

文書の中で書き言葉として使用しても問題はありません。

 

 

このとき気を付けたいのが、

文書の中で『御社』と『貴社』の2つの言葉を混在させないことです。

 

 

どちらを使用しても間違えではありませんが、

どちらかに統一させて使うということを覚えておきましょうね。

 

 

また、相手に対して丁寧にしょうとするあまり、

『貴社様』といった使い方をする方もいますが、これは間違いです。

 

 

『貴社』という言葉だけで敬語になっているので、

様をつけると二重敬語になりかえって相手に失礼になってしまいます。

 

マナー違反にならないよう、しっかりと覚えておきましょうね。

 

 

スポンサーリンク

具体的な例文をご紹介

おすすめ

 

『貴社』と『御社』、それぞれの具体的な例文をみていきましょう。

 

貴社

 

  • 現場で培った店舗運営の経験を活かし、即戦力として貴社に貢献したいと考えております。
  • 下記日程のいずれかで、貴社に伺えればと存じます。
  • 貴社におかれましては、益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。

 

 

御社

 

  • 御社の企画を拝見し、検討させていただきます。
  • 書類は御社の○○様宛に送付しております。
  • 〇月〇日に御社に伺います。

 

 

 

まとめ

 

貴社と御社の違いについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

何気ない言葉遣いですが、きちんと使い分けることで相手によっては

ビジネスマナーをきちんと知っていて信頼ができる』と、

知らないうちに自分の評価アップにつながる可能性もあります。

 

 

一般常識の1つでもあるので、ぜひしっかりと覚えておきましょうね。

 

 

スポンサーリンク