身だしなみを整える必要性と相手に好印象を与える整え方とは?確認できるチェックシート付き「社会人のためのビジネスマナー」

 

 

身だしなみは、社会人の基本的なビジネスマナーの1つです。

 

今回は、身だしなみを整える必要性や相手に好印象を与える身だしなみについて、

ご紹介していきます。

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

身だしなみとは?

ビジネスマン

 

 

身だしなみとは、漢字で『身嗜み』と表し

髪型や衣服を整えて言葉や態度をきちんとする、といった意味があります。

 

 

『嗜む』という言葉には『心構え』という意味があり、

外見だけ気にするのではなく

 

  • 相手に不愉快な気持ちを抱かせない
  • 周りからどのように見られているか

 

を意識するといった、意味が含まれています。

 

 

身だしなみを整える必要性やメリットは?

メリット

 

では、身だしなみを整える必要性やメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

相手に好印象を持ってもらえる

 

『人は見た目ではない』と言っても、

初対面の相手を判断する際見た目の印象が93%と言われています。

 

第一印象は会って数秒で決まり、一度ついてしまうと変わらないといわれています。

 

 

ビジネスにおいて第一印象は、その後の仕事に大きく影響してくるものでもあります。

 

特に営業の場合、初対面の人に会う機会が多いのでビジネスチャンスを掴むためにも、

相手に好印象を持ってもらえるよう身だしなみを整えていきましょう。

 

 

仕事がデキる人と思ってもらえる

 

身だしなみが細かい部分まできちんと整えられている人は、

仕事でも細かい部分まで目が届くのではないかといった安心感があります。

 

 

接客業で特に他人と接近する機会が多い職業であれば、

なおさら身だしなみを万全にしたいものですね。

 

 

スポンサーリンク

身だしなみが整っていない場合のデメリット

デメリット

 

では反対に、どんなデメリットがあるのでしょうか?

順番にみていきましょう。

 

 

仕事に対して雑だとマイナスイメージに

 

身だしなみは自己管理でもあり、

相手が不愉快な思いにならないようにといった心遣いでもあります。

 

 

そのため、身だしなみが整っていないと

 

  • 相手のことも考えない
  • 自己本位である
  • 細かなところまで気が回らずに仕事が雑である

 

といった、マイナスイメージを持たれてしまう可能性が高くなります。

 

 

身だしなみを整えない=自己本位である・信頼できない

と周りから思われ、自ら、ビジネスチャンスを逃してしまうかもしれませんね。

 

 

身だしなみで抑えておきたいポイントや正しい整え方

スーツ

 

ここでは男女別に、身だしなみで抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

 

 

男性

 

1.スーツ

社会人の男性にとって、スーツは仕事上の戦闘服です。

たかがスーツと考えているかもしれませんが、スーツは着ている人の内側を表しています。

 

ジャケット・ズボンに汚れやシワがないか常に確認しておきましょう。

 

 

新社会人ならともかく、安物のスーツはある程度キャリアがある人にはマイナスイメージです。

スーツにはある程度、金額をかけることも必要です。

 

 

2.髪型

男性の場合、ビジネスでは短髪がベストです。

 

職場によってはカラーリングや髪の長さも自由というところもありますが、

自由だからといって金髪や長髪にしてしまうと

自由で軽率な人という印象を持たれてしまう可能性もあります。

 

 

短髪でもしっかりとお手入れをしていないと、

汚れが目立ち不潔で知性がないと思われてしまうので、十分注意しましょうね。

 

 

3.靴のお手入れ

意外に見落としがちなのが、足元です。

 

 

どんなに高級なスーツを着ていても、革靴が汚れていると

 

  • 細かいところに気が回らない
  • だらしがない

 

とマイナスイメージを持たれてしまいます。

 

 

特に革靴の場合、お手入れをきちんとしないと汚れが目立ちます。

出勤前や帰宅後、といったようにタイミングを決めて靴磨きを日課にすると良いですね。

 

 

女性の身だしなみ

 

1.露出が高すぎない服装

女性の場合、制服がなく私服という職場も多いと思いますが、

周囲から浮かない服装にすることが大切です。

 

職場が最新のファッションやオフィスカジュアルもOKであれば、

オシャレも楽しむことができますね。

 

 

ただし、胸元が大きく開いている服や短いスカートはNGです。

 

 

これらは周りからは注意しにくく、男性が注意してしまうとセクハラになってしまいます。

周りに気を使わせないよう、露出が高すぎず周囲に適した服装を選びましょう。

 

 

2.ヘアスタイル

 

美しい髪は女性の魅力でもありますが、長すぎる髪をそのままにしておくのはNGです。

 

結びクセがつくと嫌がる人もいますが、勤務中は効率を考えまとめておくようにしたいもの。

 

 

女性の場合、多少のカラーリングであればOKの職場も多いですが、

明るすぎる髪色は品がないと周りに思われてしまうので注意しましょう。

 

 

3.メイク

女性の身だしなみの1つとして、メイクは欠かすことができませんね。

 

プライベートであればどれだけ奇抜なメイクでも構いませんが、職場ではマナー違反です。

職場ではナチュラルメイクを基本にしておきましょう。

 

 

また、全くメイクをしないというのも社会人としてNGです。

 

メイクが苦手という方もいるかもしれませんが、会社には来客が来る場合もありますね。

 

 

相手に失礼にならないよう、

最低限ファンデーションとリップくらいはするようにしたいものですね。

 

 

身だしなみチェックリスト

チェックリスト

 

ここからは、男女別の身だしなみのチェックリストをご紹介していきます。

日ごろの自分の身だしなみと比べていきましょう。

 

 

男性編

 

服装

  • スーツやワイシャツに、シワや汚れがないか
  • スーツやワイシャツのボタンは全てついているか
  • ネクタイはシンプルなデザインのもので、曲がっていないか
  • スーツの色に適した色の靴下を履いているか(スーツに白い靴下はNG)
  • 革靴はきちんと手入れされていて、汚れがないか

 

 

スキンケア

  • 髪型は短髪で、肩や頭皮にフケはついていないか
  • 髪色は派手ではないか(黒髪がベスト)
  • 無精ひげや剃り残しはないか
  • 顔が脂でテカテカしていないか
  • 体臭(汗・口臭)はないか
  • 爪は短く、清潔に整えられているか

 

 

女性編

 

服装

  • 露出が高い(胸元がはだけている・スカート丈が短い)服装ではなく、TPOにあっているか
  • スカートの場合、ストッキングは着用しているか
  • ストッキングは伝線していないか
  • 職場に適していない靴(高すぎるヒールやサンダル)を履いていないか

 

 

メイク

  • 職場にふさわしくない派手なメイクはしていないか
  • スッピンではなくナチュラルメイクを心がけているか
  • 髪が長い場合はまとめ、過度なカラーリングをしていないか
  • ネイルは職場に適したシンプルなものか
  • 香水の使用はできるだけ避け、どうしても使いたい場合は匂いが控えめなものを少量にする

 

 

 

まとめ

 

身だしなみの必要性やポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

身だしなみを整えることは社会人として最低限のマナーであり、

自分のためでもあります。

 

常に身だしなみを整えておくことで仕事ができる人・感じが良い人、

好印象を持ってもらい新たなビジネスチャンスンスへとつながっていきます。

 

 

今までできていなかった人は、

今回ご紹介した項目を参考に自身の身だしなみをしっかりと整えていきましょう。

スポンサーリンク