間違えてはいけないビジネスマナー!御中と様の使い分けと正しい使い方とは?

 

ビジネス文書やメール・封書でよく使われる『御中』と『様』ですが、

その意味や正しい使い方をご存知でしょうか?

 

 

今回は『御中』と『様』の意味や、使い分けについてご紹介していきます。

 

 

社会人のビジネスマナーとして、しっかり覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

『御中』の意味や使い方とは?

封書

 

 

『御中』は、○○株式会社の皆様といったように、封書や荷物を法人宛に送る際に使われ、

送り先が特定の個人ではなく組織や部署の場合に使われます。

 

 

担当者が特定できない場合に使われるため、

誰に開封されても問題ないという意味で使われるので内容には十分気を付けましょう。

 

 

『様』の意味や使い方とは?

書類

 

 

『御中』とは反対に『様』は、送り先が個人名まで分かっている場合に使われます。

 

 

自分よりも目上の相手にビジネス文書を送る場合や

個人名は分からないけれど送り先が分かっている場合は、

『御担当者様』といった使い方もできます。

 

 

『様』は宛先をしっかりと指定しているため、

基本的に宛名に記載されている人物以外は開封してはいけません

 

 

うっかり開封してしまわないよう、覚えておきましょうね。

 

『御中』と『様』の使い方で間違いがちな例は?

 

『御中』と『様』の基本的な使い方が分かったところで、

ここでは間違いがちな例をご紹介しています。

 

当てはまる項目がある場合は、すぐに使うのを止めましょうね。

 

 

『御中』と『様』を併用してしまう

 

『御中』と『様』は、どちらも敬称になるので

 

〇〇株式会社御中 人事部△△様

 

といったように両方使うのはビジネスにおいて、マナー違反です。

敬称はどちらか片方だけ使うようにしておきましょう。

 

 

個人宛なのに『御中』を使う

 

送り先が個人名までしっかり判明しているのに、『御中』で送るのは非常に相手に失礼です。

 

 

『御中』はあくまでも部署全体や組織全体に送るものなので、人によっては

『本来の宛先である担当者が頼りないため、部署全体に送った』

と思われ、最悪取引先との信用問題につながりかねません

 

 

たかが敬称、と思わずに正しい使い分けをして反対に信用をつかみ取りたいものですね。

 

 

敬称を重ねてしまう

 

丁寧に記載しようとするあまり、

「○○株式会社 御中 ○○様」と敬称を重ねてしまうのはNGです。

 

 

これは『様』にも同様のことがいえ、

「○○株式会社 営業部部長様」も一見問題ないように思えますが、

「部長」が敬称なので様をつけると相手に失礼になるので十分に注意しましょうね。

 

スポンサーリンク


正しい使いわけの例文をご紹介

選択

 

 

では『御中』と『様』は、どのように使うのが正しいのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

 

 

御中

 

上の項目でも説明した通り、

『御中』は送り先がハッキリと分からない場合、その組織宛に使う敬称です。

 

(例)・○○株式会社 人事部 御中

・○○市役所 ○○課 御中

 

 

見栄えを良くするために、企業名・部署と「御中」の間は余白として

1文字分スペースを空けるのがおすすめです。

 

 

「御中」は、中の書類を誰に見られても問題のない内容にしなければならないので、

覚えておきましょう。

 

 

 

「様」は送る相手の名前がハッキリと分かっている場合に使われますが、

名前は提示されておらず「担当者」となっている場合や、

自分よりも目上の人に文書を送る場合に使われます。

 

(例)・○○株式会社 △△様

・○○大学 ▼▼学部 ◎◎様

 

 

役職名に「様」とつけたい場合は

「○○株式会社 ○○部部長 ◎◎様」と名前の後に使用するようにしましょうね。

 

 

まとめ

 

「御中」と「様」は送る相手の名前が明確に分かっているかどうかで、使い分けます。

 

 

  • 御中・・・組織全体
  • 様・・・・個人宛

 

となり、「御中」が使われている場合は誰が開封しても問題ないとなっているので、

入れる書類には十分注意しましょう。

 

 

 

使い方によっては相手に失礼になってしまう可能性があるため、

2つの言葉の意味をよく知り社会人のビジネスマナーとして、

しっかりと覚えておきましょうね。

 

スポンサーリンク