名刺の肩書きが与える効果とその重要性とは?かっこいい肩書例あり

 

社会人になると自分の名刺を持つ人も多いですが、そこで気になるのが名刺の肩書きです。

 

 

そこで今回は、名刺の肩書きが与える効果や重要性、

相手の目を引く少し変わった肩書きについてご紹介していきます。

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

名刺の肩書きの意味や重要性は?

名刺

 

ビジネスにおいて肩書きとは、

組織内で自分がどのような立場にいるのかを示す職業のようなもので企業の場合、

 

  • 法律で決められている肩書き(代表取締役・取締役)
  • 慣習的に名刺に書くもの(○○課部長・○○担当)

 

の2種類に分類できます。

 

 

 

特に組織に属している場合は、何かの新プロジェクトに参加し

そのリーダーに就任すると「〇〇プロジェクトリーダー」といった肩書きになります。

 

会社に属しているとこのように、

その時々の人材配置によって肩書きも変化する、というわけですね。

 

 

日本人は特に肩書きを気にする傾向があり、ある企業では仕事と給料が全く同じで

肩書きだけをかかり係長から部長に変えただけで、

以前よりも仕事ぶりが熱心になったという報告があります。

 

肩書き変えることで働き方にも変化が出る場合があるということですね。

 

 

肩書きと役職は別物!肩書きを付けた方が良い理由とは?

名刺

 

肩書きと役職の違いはハッキリとしたものはありませんが、

役職は肩書きよりも具体的な名称を示すと覚えておきましょう。

 

前述した通り、肩書きは組織内での自分の立ち位置を表すものでもあります。

そのため社内だけでなく、社外の人に対しても効果的に使用することができます。

 

 

例えば、平の営業マンの名刺に「主任」という、肩書きを入れたとします。

 

中身が同じ人間であっても肩書きに「主任」と表示されているだけで、

信用度が増すのではないでしょうか?

 

やりすぎはボロが出て逆効果になってしまいますが、

企業によっては相手からの信用度をアップさせるため

肩書きをあえて名刺に入れてる場合もあります。

 

 

個人事業主の場合は組織に属していないので、

肩書きは自分をアピールするキャッチコピーとして有効に活用していきましょう。

 

相手の興味を惹くような肩書きを付けることで、

そこから自然と自分をアピールしていくことができますね。

 

スポンサーリンク

相手の目を引く!少し変わった肩書きをご紹介

アピール

 

 

肩書きは自分をアピールするための、キャッチコピーでもあります。

 

 

ここからは、思わず目を引いてしまうユニークな肩書きをご紹介していきます。

実際に使われている肩書きもあるので、参考にしてくださいね。

 

 

世界の○○

 

自分の仕事に自信を持っている人におすすめの肩書きです。

 

 

「世界で活躍してやるぞ!」といいう意気込みを感じさせるとともに、

ユーモアが伝わり初対面の相手との緊張も思わずほぐれそうですね。

 

 

○○コーディネーター

 

「コーディネーター」には何かを調整したり、組み合わせるという意味があります。

 

幅広い職業に対応しており、横文字の肩書きでスタイリッシュに決めたいという方にピッタリです。

 

 

○○コンサルタント

 

アドバイスや指導をする相談役のことで、一般的には金融業界で多く使われている肩書きです。

 

ユニークなところでは、「恋愛コンサルタント」があり

社内恋愛に悩む方から需要がありそうですね。

 

 

○○素材

 

モデルをしている方におすすめの肩書きです。

 

自分の身体の中で一番自信があるパーツ(足素材・手素材など)を肩書きにしてみると、

ユニークさとインパクト抜群になりますね。

 

 

まとめ

 

名刺の肩書きは、自分をアピールするためのキャッチフレーズでもあります。

 

 

肩書きを付けることで相手への信用度もアップするので、

ビジネスチャンスにつなげるためにも

自分を表現できるオリジナルの肩書きをつけてみるといいですね。

スポンサーリンク