ビジネスにおける「大丈夫」を正しい敬語にすると?本当の意味と注意点を伝授

 

日常生活で当たり前のように使っている「大丈夫」という言葉ですが、

ビジネスにおいてはNG表現ということをご存知でしょうか?

 

 

今回は「大丈夫」の本来の意味や、正しい表現方法についてご紹介していきます。

 

 

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

「大丈夫」の本来の意味は?

ビジネスマン

 

 

本来「大丈夫」という言葉は「立派な男性」といった、男性を褒めるための言葉でした。

 

 

そこから、

 

  • 危なげがないさま
  • たしかであること

 

という意味になり、「安心できる」といった状態を表す言葉として

使われるようになったということです。

 

 

 

しかし、今日では肯定の意味だけでなく

「大丈夫」の意味としても使用されているため、注意が必要です。

 

「大丈夫」を敬語にするとどう使うの?

ok

 

上の項目でも説明したように、「大丈夫」という言葉には

様々な意味が含まれていることが分かりましたね。

 

 

それでは、具体的な敬語の使い方を詳しく見ていきましょう。

 

賛成の意味

 

相手の意見に対して賛成の意味で「大丈夫」を使う場合、

「問題ありません(ございません)」といった表現になります。

 

(例)その日程で大丈夫です→その日程で問題ありませんので、よろしくお願いいたします。

 

 

「問題ありません」は、目上の方に対しても使える表現なのでぜひ、覚えておきましょう。

 

 

了解の意味

 

ビジネスで「OK」「了解」といった表現は「大丈夫です」と同様、

相手に軽薄な印象を与えてしまうため、

ビジネスではもちろん目上の人に対しても使用するのは控えましょう。

 

 

この場合、「かしこまりました」や「承知しました」といった、表現になります。

 

(例)本日の会議の資料をお送りいたしました。→かしこまりました。

 

 

平気という意味

 

アポイントをとるときに「どの日でも平気」という意味で、

「いつでも大丈夫です」という意味で使う場合があります。

 

相手と誤解が生じないようにするためにも、

「大丈夫です」ではなくはっきりとした表現を心がけるのがポイントですよ。

 

(例)

  • ×いつごろ会えますか?→いつでも大丈夫です。
  • 〇いつごろ会えますか?→どの日でも空いているので良いですよ

 

 

断るときの意味

 

社会人でよくある場面として、

お酒を勧められて断りたいときに「大丈夫です」という表現を使うと、

まだ飲めると相手に思われてしまうこがあります。

 

 

日本語の意味としても断るときに「大丈夫です」と使うのはおかしいので、

表現に注意しましょう。

 

(例)

  • ×何かお酒を飲みますか?→大丈夫です
  • 〇何かお酒を飲みますか?→いいえ、遠慮しておきます。

 

 

「大丈夫」を敬語で表すと

 

「大丈夫」を敬語表現に変換すると、

 

  • 「差し支えありません」
  • 「支障ありません」

 

といった表現になります。

 

 

「支障ありません」よりも「差し支えありません」のほうが丁寧な表現で、

目上の方に対しても安心して使えるのでぜひ覚えておきたいものですね。

 

 

(例)その件に関しては、何も支障ありません。

 

 

取引先や大切なお客さまが相手で、より丁寧な表現をしたい場合

「差し支えございません」といった表現がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

「大丈夫じゃない」を敬語にするとどうなるの?

no

 

ビジネスでは、ときには相手の意見に反対するときもあります。

 

そのようなとき、つい「大丈夫じゃないです」と言ってしまいがちですが

目上の方に対しては失礼になるのでやめましょう。

 

 

「大丈夫じゃない」を敬語で表すとどうなるのか、詳しくみていきましょう。

 

 

分かりませんという意味

 

分かりません、という意味での「大丈夫じゃないです」は

 

  • 「存じ上げません」
  • 「分かりかねます」

 

という表現を使いましょう。

 

 

特に目上の方に対して質問され、分からないときに使うのがおすすめです。

 

 

(例)その件については、分かりかねます。

 

 

できないという意味

 

上司や取引先から依頼され応じることができないときに、

「大丈夫じゃないです」と返事をする場面もあります。

 

そんなときは

 

  • 「いたしかねます」
  • 「できかねます」

 

といった表現を使いましょう。

 

 

(例)誠に申し訳ありませんが、本日中の納品はできかねます。

 

 

「大丈夫」の間違った使い方は?

ng

 

「大丈夫」という表現は上の項目でも説明しましたが、ビジネスシーンでは不適切な表現です。

特に以下の2点を行わないよう、注意しましょう。

 

 

目上の人に対して使う

 

「大丈夫」という言葉はそもそも、ビジネスにおいてNGですが

目上の人に対して使ってしまうと上から目線の印象を与えてしまいます。

 

 

友人同士で使うのであれば問題ありませんが、職場では砕けすぎている表現なので、

「大丈夫」ではなく、その場の状況に合わせた適切な表現を使うようにしましょう。

 

 

ビジネスメールで使う

 

ビジネスメールでは相手の表情はもちろん、仕草や状況が分からない状態です。

 

そのため、文中に「大丈夫です」という表現を使用してしまうと

肯定なのか否定なのか、うまく相手に伝わりません

 

 

「大丈夫です」と同じくNGなのが「OKです」といった表現です。

 

砕けた表現で目上の人に使う言葉としてはふさわしくありません。

信用性の問題にもつながるため、使わないよう十分注意しましょう。

 

 

まとめ

 

「大丈夫」という言葉は肯定だけでなく、否定の意味も含まれています。

 

「大丈夫」という表現だけだと、相手とのコミュニケーションで使うと

行き違いになってしまう可能性もあるのでビジネスでは使わないようにしたいものです。

 

目上の方に対して失礼な表現にもなるので、

上記で紹介した敬語を参考にビジネスでしっかりとした表現を使うようにしていきましょうね。

 

スポンサーリンク